デリケートゾーンの黒ずみに市販の美白コスメがNGな理由|おすすめクリームは?

デリケートゾーンの黒ずみの市販クリーム

デリケートゾーンの黒ずみケアを始める方は、美白コスメならどれでもいいと飛びつくのは危険すぎます。なぜ危険なのかその理由を紐解きながら、デリケートゾーンの黒ずみをキレイにする習慣を身に着けていきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみに市販の美白コスメがダメなワケとクリーム

デリケートゾーンのひだの黒ずみや足の付け根の黒ずみをクリームなど市販されているアイテムで治すとき、デリケートゾーンの黒ずみ専用ではない美白コスメを使うことはおすすめできません。

市販では薬局やドラッグストアなどで安く買えるところがメリットではありますが、デリケートゾーンの黒ずみ専用ではない美白コスメは刺激が強い成分が配合されているものもあるため注意が必要です。

もしもそれを無視してデリケートゾーンの黒ずみに使った場合、キレイになるどころか刺激が強い成分によって肌トラブルを招いてしまいます。
デリケートゾーンの黒ずみ専用であればデリケートな肌に使えるよう開発されているので、毎日安心してケアすることができます。

デリケートゾーンの黒ずみを市販の石鹸で泡パックとクリーム

デリケートゾーンの黒ずみ用の石鹸は市販で売っていますし、ビキニラインの黒ずみにもドラッグストアや薬局で売られている石けんをを使えるので手軽さも人気です。
しかもデリケートゾーンの黒ずみ専用の石鹸は洗うだけでなく泡パックができるところもメリットです。

石鹸は専用ネットなどを使ってしっかり泡立てます。角が立つぐらい泡がたったらデリケートゾーンの黒ずみ全体に泡を乗せていきましょう。
そのまま5分程度放置します。あとはシャワーで泡をしっかり流せば泡パックの完了です。

デリケートゾーンの黒ずみ専用の石鹸には優れた成分が含まれているので、それらの成分をしっかり浸透させるために泡パックが推奨されています。
毎日手軽にできるケア法なのでぜひお試しください。石鹸でデリケートゾーンの黒ずみを治すため市販品の中からお気に入りを探しましょう。

デリケートゾーンの黒ずみは市販品とクリームでメラニン抑制しよう

アソコの黒ずみのケアに市販されているアイテムを取り入れるとき、メラニンを抑制する成分が配合されているかどうか確認しましょう。
なぜならデリケートゾーンの黒ずみはメラニンを抑制しなければ悩みが解消されないためです。医薬部外品ならなお安心できます。

ちなみにスキンケアや肌のトラブルにニベアやケシミンが使われていますが、インターネット上にはこれらがデリケートゾーンの黒ずみに良いと体験談があるものの、おすすめはできません。

皮膚の薄いデリケートゾーンに使うには少し刺激が強すぎます。必ずデリケートゾーンの黒ずみ専用のアイテムを取り入れてください。

デリケートゾーンの黒ずみ専用を選ぶとき、メラニンを抑制する成分としてビタミンC誘導体やトラネキサム酸が入っているかどうか注目しましょう。
ビタミンC誘導体はビタミンCの浸透率を高めるために必要な成分ですし、トラネキサム酸はメラニンを抑制する働きを持っています。低刺激なのでデリケートゾーンの黒ずみにも安心です。

デリケートゾーンの黒ずみに市販でケアするなら食事とクリームも見直そう

私たちの体が健康であるために毎日の食事はとても大切です。デリケートゾーンの黒ずみを解消するためにも食事を見直すことは大切で、黒ずみの原因となるメラニンを抑制したり、ホルモンバランスを整えることができます。
肌のターンオーバーを促すこともできるので、積極的に取り入れたい食品を見ていきましょう。

メラニンを抑制する働きを促す食べ物はビタミンCが含まれる柑橘系のフルーツやトマトなどがおすすめですし、ナッツ類はビタミンEが豊富に含まれています。
L-システインは大豆やはちみつを摂取するといいでしょう。

ターンオーバーの働きを促すなら緑黄色野菜やウナギに含まれるビタミンAや、卵や豚肉に含まれるB群も意識して摂りたいところです。
ホルモンバランスを整えるなら納豆や豆腐などに含まれるイソフラボン、サンマやマグロに含まれるビタミンB6がおすすめです。